So-net無料ブログ作成

MP G シリーズ ウェッジ [グ ッ ズ]

懐かしの グース

MP G シリーズ ウェッジ

 

もしかして?

最近 ゴルフを始めた方 グースネック ご存知無いかも知れませんね?

 

 

グース Goose

ガチョウ

複数形は ギース Geese どうでも良いコトですがね

 

ガチョウの首 のような ちょいと アゴを引いたような形状 ですね

 

 

いつからだったか アメリカ などの ゴルフ場 では

日本の芝 とは違い

フェアウェイ ど真ん中 であっても ボール は 沈んでいたり

日本のように 整備されていないコース も 多く

ピン への アプローチ ショット を 打つ時

フェアウェイ なのに ベアグランド? と言う ライ が あったりしますので

今現在 大半を占めている ストレート ネック が 使い易いのですが

日本では 元元 フェアウェイ でも ラフ でも

プロの試合 の コンディション で無い限り  極 普通のゴルフ場 では

( 但し 北海道など 一部のゴルフ場は別ですがね 北海道5020さん! )

ボール が 沈むコト は あまり無いタメ

ストレート ネック の ウェッジ では ヘッド軌道 が 判っていないと

または 少しのズレ や 芝の噛みかた などの違いで

実は 思うような ショット 打つのが難しくなるのですね

 

 

しかし この MP G シリーズ ウェッジ なら

普段の コース の 状態  浮いている ボール の 場合

今の 打ちかた の ママ  コレまでよりも 簡単に  イメージ に 近い ショット

出来るかも 知れませんよ!

 

 

ただ グース と ストレート の FP値 の 差  僅か 3 ~ 4 ミリ とは言え

約 4 センチ と言う ボールの直径 から見ますと

約一割 ですので

ショット に 対する影響 は 考えている以上 に 大きいようですよ

 

アプローチ くらいの ヘッドスピード で 打つ時 でしたら

ストレート ネック との違い ワンテンポ とは言いませんが 微妙な違い

何となく 感じられるかも知れませんね!

 

 

 

さて ちょいと戻って  ボール の ライ  ボール の 浮き  ですが

一度 ラウンド の 時 ジックリと

マナー違反 に ならない範囲  で  ルール違反 に ならないように

ボール が どんな状態になっているのか 良~く 観察して下さいね!

 

実は 結構  時に ティーアップ したくらい 浮いてたりしますので

そんな状態でなら 練習場の人工芝マットのように

すくい打ち でも ハイドロー が 打てたり

ダフッているハズ なのに 上手く打てた?りしますので

練習場 の 人工芝マット 同様  勘違いしてしまいますよね?

 

 

 

秘密結社 ターフ の メンバー  チョイ グース 党 が 望んだ

チョイ グース とは ちょいと違いますが

ミズノ の クラフトマン の 方方 が 望んだ 具体的 な クラブ MP G シリーズ

コレで 一応  野望 は 達成された  と言えますよね!

 

 

 

コレで 日本でプレーされる 多くの方

ゴルフ が 楽しくなるでしょね!

そして

コレが 我我一般消費者 に 理解され 受け入れられたなら

各社から ドンドン 出て来るのでしょうね    きっと

 

但し

もしかしますと コレまでのように

ベアグランド など 俗に言う 出っ歯 が 助けてくれていた状況 は

期待できなくなりそうですので ご注意下さいね!

 

 

 

試打 を しても 人工芝マット では ドレだけ感じ取れるか判りませんが

実際 コースで使えば 明確な違い 体感出来ると思いますよ!

 

そして ご自分が ドチラのタイプが適しているのか

良~く 考えて 選択して下さいね!

 

ソウしないと 理由も理解せず 手にしてしまっては

新製品 で 良い と聞いたから 買ったのに 上手く打てないじゃないか

と言う 意味不明な結果になるかも知れませんし

 

あの クラブ は ぜんぜん良くない と言う

不適切 な 評価 を 下して 広めて しまいますのでね!

 

 

 

 

エンジョイ!ゴルフライフ!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

北海道5020

ゴルフの手ほどきを受けたのが、今から20年以上前。
当時はスモールボールでパーシモンでした。
ウェッジはほとんどがグースだったような気がします。

自分は技術的にあまり詳しくはないので、
間違っているところもあると思いますが、
ウェッジ=カットで打つ。
という形で習いました。今は少し変化してますけれど・・・

やっぱりスライス回転の持ち玉だと思います。
最近特に気にしているんですが、ピンポジションが
フックのラインで傾斜している時に
まったくラインが出ない事、
転がりが殺されていると感じています。

それで練習もしているんですが、なかなか上手くいってません。
ちょいグースだと、どうなるんでしょう?
とても興味津々です。

レポート待ってますね。
by 北海道5020 (2008-09-24 09:09) 

まぐお@千葉

北海道5020 さん

ソノコロ 日本のウェッジは グース でしたよね・・・

カットで打つ コレまで 私 何度か別の表現で描きましたが どうしても インサイドから振り下ろし アウトサイドに振り抜くのが スクエア ボールの後を追っ掛ける と言うコトである と 間違った認識が未だに多いタメ ソレを強く否定するイメージを与えようと 外から下ろし カットに打つ と言う表現をしたタメ どのような原因に対しての処置か と言う部分など御構い無しに カットに打つ と言う意味ダケが 一人歩きしてしまい ソレが正しい と言うコトだけ 浮き彫りになってしまっているのですよね・・・


チョイグースなら プロのような精度が無くても 安心して テクニックを駆使出来る そんなウェッジに仕上がるハズですよ!


試打クラブ 満足に打てるのは 10月の中旬のようですよ・・・


    エンジョイ!ゴルフライフ!
 
by まぐお@千葉 (2008-09-24 20:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0